運転免許証 自主返納の方法と特典

先日、運転免許証を返納しに光明池運転試験場へ行ってきました。と、いっても私の免許証ではなく、私の母の免許証の返納に付き添ってきたのです。

ゆるママ
高齢者の方の運転による交通事故が後を立たない中、70代の私の母親を持つ私も決して他人事ではありません。

そこで今回は、免許を返納する方法返納特典手続にかかる時間返納料金などを経験に基づいて分かりやすくまとめてみました。

免許を返納しようかどうか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

運転免許の返納場所について

運転免許証を自主返納する際、どこに免許を返しに行けばよいのでしょう。返納場所については各都道府県の警察本部のHPに詳しく掲載されています。詳しくは警察庁HPの運転免許証の自主返納についてのページでご確認ください。

ゆるママ
基本的にはどこの都道府県でも運転免許試験場にて返納が出来ます。各自治体のHPで確認してみて下さい。

大阪では『門真運転免許試験場』『光明池運転免許試験場』、各警察署でも返納手続きが可能です。

但し、各警察署での返納の場合、運転免許証の代わりにもらえる運転経歴証明が当日もらえず、郵送になります。返納した当日に運転経歴証明を受け取りたい場合は『門真運転免許試験場』『光明池運転免許試験場』へ行きましょう。運転経歴証明書について>>

今回母は、光明池運転試験場へ返納手続きをしに行きました。本来一人で免許証を返納しに行く場合は電車で向かうのでしょうが、試験場へは私が車で送迎し、最後まで免許返納に付き添いました。

免許返納の際の持ち物について

  1. 交付手数料 1,100円(自治体によって料金が異なります)
  2. 写真1枚(6ヶ月以内に撮影、縦3センチメートル、横2.4センチメートル等、門真・光明池の運転免許試験場での手続なら不要)
  3. 住所・氏名及び生年月日が確認できる書類(自主返納と同時申請なら不要)
写真について
光明池運転試験場ではその場で写真を撮影して貰えるので証明写真など準備する必要はありません。逆に、各警察署にて返納手続きをされる方は証明写真をあらかじめ撮影し、持参してください。

*本人に代わって代理人が申請する場合は、別途確認書等の提出が必要です。代理人が申請する場合の必要書類はこちら>>

光明池運転試験場での返納手続の流れ

朝、車で堺市南区にある光明池運転試験場へ行きました。試験場の駐車場が満車だったので、やむ無く目の前に隣接するパーキングに駐車しました。ちなみに料金は800円で先払いです。

車を駐車してから、朝の10時に試験場の中に入りました。

1最初に6番窓口へ

運転免許証 自主返納の方法と特典免許返納の手続きは最初に6番窓口に行ってください。窓口には五人くらい並んでいましたが、すぐに順番がきました。

窓口で係りの人に返納を希望する旨を伝えると、その場で書類に記入するよう促されます。用紙に名前を記入して、返納理由に該当するものにまるをつけました。その後、

『免許取り消し申請書』『運転経歴証明書交付申請書』

を、渡されたので必要事項を記入します。記入し終わったら2番窓口へ向かいましょう。

2コピーコーナー(2番窓口)

先ほど記入した書類をここで渡してください。コピーコーナーでは係りの人が免許証のコピーをとってくれます。書類を受け取ると3番窓口へ行くように促されます。

3料金の支払い(3番窓口)

3番窓口では返納にかかる手数料を支払います。代金は1100円でした。自治体によっては無料なところもあるようなのでお住まいの地域の自治体のHPにて確認してください。

4書類を提出(8番窓口)

8番窓口で『免許取り消し申請書』と『運転経歴証明書交付申請書』を提出します。しばらく待機していると名前を呼ばれて、

  • 取り消し通知書
  • 写真撮影のチケット
  • 返納の特典などが書かれたパンフレット

を手渡され、2階で写真を撮影してもらってくるよう促されます。

5写真撮影(2階)

『運転経歴証明書交付申請書』に掲載するための顔写真を、2階で撮影します。8番窓口で渡された写真撮影のチケットのようなものを係りの人に渡してしばらく待機 します。

ゆるママ
2階は免許更新の人たちの写真撮影待ちで、人が沢山いました。

長時間待たされるのかと思いきや、10分も経過しないうちに名前を呼ばれて撮影開始。返納者は、ほぼ待たずに優先的に撮影してくれました。

撮影はあっという間に終了します。ソファーで5分くらい待ってると、また名前を呼ばれてその場で運転経歴証明書(身分証明のようなもの)が貰えました。

以上で、終わりです。

試験場へ入ってからここまでの経過時間、たったの35分

あっという間に返納手続が終わり、これで母はもう運転が出来ません。少し不便になるとは思いますが、本人は至って清々しい様子でした。

ゆるママ
今後は私が運転してどこへでも連れていけますし、これからは出来るだけ歩いて足腰を鍛えるんだと、逆に張り切ってます。

返納することのメリット

ゆるママ
まず第一に自身の車の運転による交通事故のリスクが無くなるという事が、何よりのメリットだと思います。

もう一つの大きなメリットとして、免許証を返納する手続きの際、同時に運転免許経歴証明書の申請ができます。

運転経歴証明書とは、公的な身分証明書として生涯使用することができるとともに、提携している協力店で提示することで、割引などの様々な特典を受けることが出来ます

ゆるパンダ
家族や同伴者も特典の対象に含まれる場合もあるので詳しく確認してみて下さいね。

大阪府の【地域別】免許自主返納サポート企業一覧

免許返納 特典内容の詳細(大阪府のHPです。新しいウインドウが開きます)

大阪市地域
【大阪市地域】サポート企業・特典内容等の一覧はこちら 


三島地域・・・吹田市、高槻市、茨木市、摂津市、島本町
【三島地域】サポート企業・特典内容等の一覧はこちら 


豊能地域・・・豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町
【豊能地域】サポート企業・特典内容等の一覧はこちら 


北河内地域・・・守口市、枚方市、寝屋川市、大東市、門真市、四條畷市、交野市
【北河内地域】サポート企業・特典内容等の一覧はこちら 


中河内地域・・・八尾市、柏原市、東大阪市
【中河内地域】サポート企業・特典内容等の一覧はこちら 


南河内地域・・・富田林市、河内長野市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、大阪狭山市、太子町、河南町、千早赤阪村
【南河内地域】サポート企業・特典内容等の一覧はこちら


泉北地域・・・堺市、泉大津市、和泉市、高石市、忠岡町
【泉北地域】サポート企業・特典内容等の一覧はこちら 


泉南地域・・・岸和田市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻町、岬町
【泉南地域】サポート企業・特典内容等の一覧はこちら 


大阪府内複数店舗/タクシー
 【大阪府内複数店舗/タクシー】サポート企業・特典内容等の一覧はこちら 


大阪府外協力店
【大阪府外協力店】サポート企業・特典内容等の一覧はこちら 

*大阪府以外にお住まいの方は、全国の特典が掲載されているHPでも確認してみて下さい。

免許を返納することのデメリット

車の運転が出来ないと単純に不便で、行動範囲が狭くなります。遠くへ行きたい場合はタクシーや、公共の乗り物を使っての移動を強いられることになります。

運転免許証『自主返納』手続き感想&まとめ

免許の更新の時はいつも非常に長く時間がかかるので、返納手続きももっと時間がかかるものかと思っていましたが、免許の自主返納手続きは思ったよりずっと簡単で、短時間で済みました。

待ち時間がほとんどなく、スムーズに淡々と手続きするので、所要時間もたった35分とあっというまです。(曜日や天候によって多少の差異はあるかもしれません)

母が免許を自主返納してからは、スーパーへ行くのも常に私と一緒に行くようになりました。以前は別々に買い物に行くことも時々あったのですが、今は送り迎えすることがかなり増えたことは事実です。

母が車に乗れなくなる分、私が運転する機会が必然的に増える事になるので、これを機に改めて私自身も運転に気を付けようと思いました。交通ルールを守り、安全運転を常日頃から心掛けたいです。

車が乗れなくなることで不便なことも多少はありますが、事故を起こされるよりはずっといいので免許を自主返納してくれて本当に良かったと思います。

免許証の自主返納手続き~お役立ちリンク集

運転経歴証明書について
運転免許証返納と引き換えに貰える『運転経歴証明書』について詳しく掲載されています

大阪府警本部公式サイト
大阪府在住の方が免許を自主返納したい場合はこちらで返納方法・返納特典など確認できます。

大阪府公式サイト
大阪府在住の方が受けられる高齢者運転免許自主返納サポート制度(自主返納特典)について掲載されています。

門真・光明池運転試験場へのアクセス
交通機関を利用した運転試験場へのアクセス方法、住所・電話番号・地図など

高齢運転者支援サイト
全都道府県の自主返納特典が確認できます。都道府県名をクリックすると、都道府県警察又は都道府県のウェブサイトにおいて各種支援施策を紹介しているページにアクセスできます。

ゆるママ
以上、光明池運転試験場での、運転免許証の自主返納手続き方法&メリットでした。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事