クローゼットを勉強机にリフォーム!LIXIL(リクシル)ヴィータスパネル デスクタイプのレビュー

現在5歳年長の娘が来年度小学校に入学します。入学準備の一環として、部屋のクローゼットの中を改装し、作り付けの勉強机を設置しました。

その際、学習机やワークスペースなどに最適な、LIXILの(リクシル)ヴィータスパネルを採用したのでレビューします。

ゆるママ
クローゼットの中に机を!ワークスペースと収納が融合した、ヴィータスパネルのレビューです。

リクシル(LIXIL)のヴィータスパネルとは?

リクシル(LIXIL)のヴィータスパネルとは、クローゼットの中の使い勝手を良くする、組み立て式の収納システムです。

大抵クローゼットの中は、服をかけるハンガーパイプと枕棚があるだけのものが多いと思いますが、それだとどうしても無駄な空間が生まれてしまいます。

しかし、このヴィータスパネルはハンガーパイプの位置を手前に移動させたり、好きな位置に棚板を配置したり、棚板をL字型にしたり、クローゼットの中の奥行きを有効に使うことが可能です。

さらに、フックやサイドバーなどのパーツを組み合わせることで空間を上手に活用して、収納が苦手な人でも簡単に、たくさんの物を美しく収納できます。

子供の成長や生活の変化に合わせ、『進化する収納』をコンセプトに、アイデア次第で使い方を自分好みにいくらでもカスタマイズできる、というのが最大の特徴です。

ゆるパンダ
追加パーツは、LIXIL(リクシル)のホームページで購入する事ができるので、環境の変化に応じて後々買い足すのもありだね。

洋服や布団、小物などを効率的に収納するだけでなく、ヴィータスパネルには、学習机と収納が組み合わさった『デスクタイプ』プランがあり、今回それをリフォーム会社にお願いしました。

ゆるママ
近頃、コロナの蔓延によって、在宅勤務をされている方、たくさんいらっしゃると思います。ヴィータスパネルは、テレワークなどにも絶対オススメです!

我が家のヴィータスパネルを紹介します

リフォーム前は、どこにでもある普通のクローゼットでした。中にはハンガーをかけるパイプと、上部に枕棚があるだけのごく普通のクローゼットでした。

リフォーム前のクローゼット

リフォーム前のクローゼット

ゆるママ
元々は茶色の扉で、洋服・おもちゃなど、中身は物で溢れかえっていて、汚すぎて人様に見せれる状態ではありません。

今回、クローゼットをリクシルのヴィータスパネルに改装するとともに、床をフローリングからフロアタイルに、さらに壁と天井のクロスの張替えも同時にお願いし、部屋を全面リフォームしました。

リクシル(ヴィータスパネル)デスクタイプ

ヴィータスパネルにリフォーム後のクローゼットの内部

ヴィータスパネルは、クローゼットの間口の長さに応じて細かく調整が可能です。小さめのクローゼットでも、逆に大きくても全然問題なく、セミオーダーのような感じでピッタリと合わせて作ってもらえます。

機能性について

デスクは奥行きも横幅もしっかりとあるので、勉強するのも、パソコンを置くのも、趣味の作業などをするのも全く問題ありません。

リクシル(ヴィータスパネル)デスクタイプ

扉を端に寄せることが出来ます

普段はクローゼットの扉を、右端に重ねて寄せて開けっ放し状態にしてます。扉を開けておくことで、圧迫感が無くなり部屋全体が広く感じます。

クローゼットを占めた状態リクシル(ヴィータスパネル)デスクタイプ

扉を締めると普通のクローゼット

扉を締め切ると、ごくごく普通のクローゼットにしか見えません。椅子を収納したまま扉を閉めることも可能です。

ゆるママ
机の上が散らかっていても、扉を閉めればゴチャゴチャが全く気になりません。急なお客さんが来ても、ヴィータスパネルなら安心!

*椅子の形状によっては中にしまえないかもしれないので、椅子の購入の際は注意が必要です。

リクシル(ヴィータスパネル)床とレールの保護

扉のレールをジョイントマットで保護

デザイン性について

デザインに関しては、クロスの色、クローゼットの扉の色を選ぶことが出来ました。扉の色は、ホワイト系、ブラウン系、オーク系、鏡面などがあります。

クロス(壁紙)は、部屋のクロスと同じ明るいグレーにしました。部屋と同じ色でなくても、ティファニーブルーなどのアクセントクロスにするのもオシャレでいいかもしれません。

クロスに関しては、好きな壁紙メーカーから好きな色を選択できます。

ゆるママ
扉の色は白の木目調を選びました。全体的に白を基調として、部屋全体がスッキリとした明るい印象へ変わりました。

ゆるパンダ
ヴィータスパネルは写真やカタログで見るより、実物の方がしっかりとした造りで、高級感があって、良い意味で裏切られたって感じ!

収納部分について

リクシル(ヴィータスパネル)棚板

頑丈な棚

デスクの上に可動式の棚が付いているので、本や物を色々と置けます。棚自体はかなり頑丈なんですが、(15Kgまで物が置けるらしい)机の上の棚に重量があるものを置くのは少し怖いような気がします。

ゆるママ
勉強中、もし地震が起こった場合、物が棚から落下すると危険。我が家は、毛布など、落ちても支障のないものを置いてます。

 

机の横の仕切りを挟んで、洋服などを収納するスペースがあります。可動式のハンガーパイプが上下にあり、洋服が掛けれます。レール上にパイプを設置するので、高さや位置を変えることが出来ます。

カバンをかけたりできるフックや、サイドバーがついてました。このサイドバーには無印のペン立てを引っかけて使ってます。

デスク下の空いたスペースにもフラップタイプの衣装ケースを置きました。色々なものが無駄なくしまえる収納力が本当に素晴らしいです。

リクシル(ヴィータスパネル)机の下の収納

デスク下にも色々と物が置ける

そのほかの便利な設備

3段のサイドチェスト付き

リクシル(ヴィータスパネル)サイドチェスト

収納力抜群のサイドチェスト

デスク下にはサイドチェストが付いていて、かなりの収納力があります。3段ある引き出しは全部レール付きなので、力のない子供でも物の出し入れがとてもしやすく、使いやすいです。

ゆるパンダ
このサイドチェストの引き出しは、隙間があるタイプのものだから、指を挟む心配もないね!

コンセント

リクシル(ヴィータスパネル)コンセント

机左端にコンセントを設置

リフォーム会社にお願いして、机の正面の左端にコンセントを二口設置してもらいました。机の下につけることも可能ですが、机の下に、収納ケースなどの荷物を置きたかったので、敢えてこの位置にしました。

ゆるママ
ドライヤーを使ったり、充電したり、屈む必要なくプラグを抜き差し出来て便利です。

照明(ダウンライト)

リクシル(ヴィータスパネル)ダウンライト

照明器具

天井に照明(ダウンライト)を設置しました。これだけで十分明るいので、手元の照明はいりません。デスクライトが無いおかげで、机の上のスペースがスッキリと広々使えます。照明はスイッチでオンオフ出来ます。

学習机を買わず、クローゼットを机にしょうと思った理由

単純に家具を増やしたくなかったというのが最大の理由です。

最初は勉強机を購入することを検討していましたが、家具が古くなって処分する時、大型家具は一階に下ろすのが大変で、毎度家具の処分には苦労します。

子供用の勉強机のデザインがイマイチ好きでないというのも理由一つでした。ネットで見たり家具屋さんをあちこち見たりして好みのものを探しましたが、なかなかしっくりくるものがありません。

そんな時、クローゼットの中に机を作ってしまうというヴィータスパネルをネットで見つけました。学習机を備え付けにしてしまうことで、家具を新たに購入しなくて済むと思い、リフォームを決意しました。

ゆるママ
娘が巣立ったあとは私がワークスペースとして使ってもいいし、追加パーツのハンガーパイプを増やしてクローゼットとして使ってもいいね!

いつでも普通のクローゼットに戻すことができるという点が、このリクシルヴィータスパネルの良いところです。

ゆるパンダ
勉強に趣味に仕事に収納にと、子育てが一段落した後もずっと使い続ける事が出来るなんて・・・本当に良く考えられた収納システムだね!

デメリットや苦労した点

シンプルにお値段が高いです。3社同時に見積もりを取って一番良心的なお値段のところにお願いしましたが、リフォーム費用がだいぶかかりました。

ゆるママ
勉強机を買う方が断然安いですが、長く使えるのでいつか元はとれるかな。

ヴィータスパネルの工事とともに、部屋のクロスと床の張り替えもしたので、家具や荷物の移動、断捨離と、リフォームに向けてひたすら片付けをし、思い荷物を一人で運び、毎日それはそれは大変で嫌になりました。

元々クローゼットに入ってたものを一旦外に全て出さないといけないので、かなりの労力と工事中の荷物の保管がこれまた大変でした。

でも、リフォーム後の仕上がりを見ると頑張った甲斐があったなー、と改めて感じます。

ゆるパンダ
机のスペース分、荷物を収納するスペースは減ります。断捨離いっぱいしました。本当によく頑張った!

ヴィータスパネルのレビューまとめ

見積もりの際、ヴィータスパネル以外の提案もありましたが、クローゼットをヴィータスパネルに改装して本当に良かったです。実際使ってみると本当に使い勝手が良くて収納がしやすい、何より見た目がとても気に入ってます。

娘がこのリフォームをとても喜んでくれており、ヴィータスパネルに改装してからというもの、英語の宿題やワークなど、自主的に机に向かって頑張るようになりました。

ゆるパンダ
改装後、机で絵をしょっちゅう描くようになったせいか、画力がすごく上がったし、字が急に上手くなったよね。

ゆるママ
小学校へ上がってからも、宿題や自主勉強など、机にたくさん向かってくれると嬉しく思います。

 

以上、リクシル(LIXIL)ヴィータスパネルのレビューでした。少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事