デニムネイルのやり方

今回ご紹介するのは、デニムネイルを取り入れたデザインのネイルアートです。何にでも合わせやすく、おしゃれで、難しい技術はそんなに要りません。

今回はだれでも簡単に出来るおしゃれなデニムネイルデザインのやり方をご紹介します。

ゆるママ
デニムネイルって簡単なのに、かわいいから大好きっ!
ってなことで、素人のたわごとですが、よかったら最後までお付き合いください。

デニムネイルのやり方

今回説明するのはこのデニムネイルです。

デニムネイルデザイン

用意するもの

ネイビーのカラージェル
ホワイトのカラージェル
きめの細かいスポンジ
文字シール
スタッズ

ポイントスポンジは目の細かいメラミンスポンジなどを小さく切るなどして使用しもでも大丈夫ですが、アイシャドーのチップを使った方がやりやすいです。

デニムネイルの手順

  1. ベースを塗る
  2. ネイビーのカラージェルを塗り硬化×2回
  3. ホワイトのカラージェルをアイシャドーチップに少しだけ取り、一旦紙の上でポンポンとして量を調整します。
  4. ネイビーのカラージェルを塗った上からアイシャドーチップでポンポンホワイトを乗せていくだけで デニムっぽくなります。デニムネイルに使うジェル

工夫した点

今回はデニムのほつれたような、切りっぱなしのフリンジと、ステッチ(縫い目)も表現してみました。極細の筆でステッチを書いていき、ほつれの部分は縦にシャシャシャーっと筆を動かして、切りっぱなしの、カットオフデニム』のような雰囲気になるように仕上げました。

ゆるママ
フリンジを書くとさらに、デニムっぽくなった気がしませんか??

それだけだと寂しいので、ゴールドのスタッズと、英字シールを加えてトップジェルを塗り、硬化してます。トップジェルをマットにするか艶アリにするかで仕上がりの印象はかなり変わってきます。今回は艶アリのトップジェルを使用しました。

ゆるママ
簡単とはいえ、見よう見まねでいきなり自分の爪に施術はできないので、ネイルチップを使って多少訓練しました。

デニムネイルの練習

ステッチや、Leeのロゴは手書きで頑張ってみました。絵心がないのでいびつだけど、それが逆にいい味出してるんじゃないかと・・・。自画自賛(笑)この時は、トップジェルをマットタイプにしました。

デニムの質感により近づけたいという方は、トップにマットジェルをの方が、デニムっぽい感じを出せて、いいのではないでしょうか。私は爪は艶がある方が華やかで好きなので、自分の爪に施術するデニムネイルは艶アリタイプにしました。どちらのデニムネイルも可愛いと思います。

ウォーターネイルシール&パステルツイードで華やかに

他の指のデザインは、ウォーターネイルシールを使って花柄と、パステルピンクやイエローでツイードネイルにしています。ウォーターネイルシールは水につけて台紙を剥がしてから貼る、超薄いシールです。薄いので仕上がりが自然で綺麗というのと、絵柄のバリエーションが大量にあってネットで購入できるので、良かったら調べてみてください。

ゆるママ
ネイル用のスワロフスキーのチャトンやビジュー・パールなどで、もりもりに盛ってる所が、これまたポイント

ツイードは、ベースカラーをピンクとイエローを使ったタイダイ柄にします。ツイード生地の目地はホワイトで書いていきます。やり方としてはツイード風になるように、ランダムに十字を書いていくイメージですが、細く細かく綺麗に書くのが難しいです。今思えば、目地にラメジェルを加えても良かったかなと思いました。

別のデニムネイルデザイン

こちらのデザインも、過去に同じやり方で仕上げたデニムネイルです。スタッズではなくて、ブリオンを周りにおいて真ん中は英字シールを貼っています

デニムネイル

 

ポイント

このデザインにもウォーターネイルシールが活躍しています。くりぬきネイルの様にしたかったので、ネイルシールを三角にカットし、淵はネイル用のラインテープを張り、ビジューなどで飾りました。

デニムネイルまとめ

デニムネイルの方法は色々とあって、自分なり調べて試した結果、カラーはインディゴブルー(ネイビー)をベースに、ホワイトカラーをシャドーチップでポンポンはたくという方法が、一番簡単でお手軽で、仕上がりも良いという結論に至りました。

デニムネイル

ベースカラーもネイルチップで何色か試してみた結果、やっぱりインディゴブルーが一番しっくり来ました。明るめのデニムネイルが好きな人は、画像にあるような、シアンなどの水色系を使うと良いかもしれません。

トップジェルをマットにするか艶アリにするかで仕上がりの印象も随分変わります。明るい水色をベースにネイビーをポンポンとチップでつけるやり方をしている人もいました。私とは逆の色使いですね。

ゆるママ
ベースカラーを変えてみたり、色んな方法を試してデニム風ネイルアートを楽しんでくださいね。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事