クリスマスネイル

クリスマスが近づいてくると指先もちょっとおしゃれにしたくなってきませんか?今日はクリスマスシーズンにおすすめの、クリスマスツリーをモチーフにした冬にぴったりのネイルデザインです。

赤とグリーンを組み合わせるだけでも十分クリスマス感が出ますが、それだけだとなんとなく物足りない気がするので、人差し指だけ『べっ甲ネイル』にしています。

ゆるママ
今回はクリスマスネイルに挑戦~

クリスマスネイル 用意するもの

  1. カラージェル(レッド・グリーン)
  2. べっ甲に使うカラージェル(イエロー・ブラウン)
  3. ラメライン用のラメジェル
  4. ツリーなどに使うスワロフスキー
  5. ネイルパーツ(雪の結晶)

クリスマスツリーネイルのデザイン

ゆるママ
レッドやグリーンのカラージェルを塗ったあと、スワロフスキーをツリーの形に埋め込んでいくだけでクリスマス感が出るよ。

クリスマスツリーネイルカラージェルのレッド、グリーンですが、出来るだけトーンが暗めの方が個人的にはお勧めです。べっ甲のほうは、クリアイエローと、ブラウンを使ってます。

薬指と中指は、ラメジェルで周囲を囲っています。ラメを使うだけで一気に華やかになりますね。

ラメジェル

エンジェルクイーンのラメジェルです。『マリアンヌシルバー』と『セリーヌゴールド』を持っていますが、今回使用したのはマリアンヌシルバーです。硬めのテクスチャで、ラメが細かいので細い線を引くのに適していると思います。

ラメを細く周りに乗せていくのは難しく、いまだに上手に細いラインを手早く引けないのですが、何度も平筆などで修正しながらすれば、私のような素人でもなんとなく上手にできます。

ジェルネイル筆

ラインを引く用の筆は、超極細の筆を使ってます。この筆に変えてから細目に線が引けるようになりました。ラインをちょっと太く引いてしまったな~と思ったら、平筆で拭って、細い線状になるようにラメジェルを押し上げるようにし、線の形を整えればOKです。

ゆるパンダ
硬化する前だったらいくらでも修正がきくところが、ジェルネイルのいい所だよね。

ポイント

ラメラインは出来るだけ細く、丁寧に。ラメジェルが無ければ、クリアジェルにラメを混ぜて作ってもいいです。ラメを多めに投入して硬めのテクスチャにすれば流れずに細くラインを引きやすいです。

工夫や苦労したところ

べっ甲初心者にはべっ甲ネイルはすごく難しいので、何度もネイルチップで練習しました。

べっ甲 カラージェルべっ甲のカラージェルは、リーフジェルプレミアムカラージェル『シャテーニュ042』と、エンジェルクイーンからジェル『ドロティーイエロー5004』を使っています。両メーカーのジェルの絶妙なべっ甲の色合いのお陰で、少々下手でもそれなりに見えます。

最初はすごく下手くそだったのですが、ネイルチップで何回もべっ甲ネイルをしているうちに、なんとなくコツを掴めてきました。べっ甲が出来るようになると、他のストーン系のネイルデザインにも応用することが出来るので、デザインのバリエーションが少しだけ増えました。

ゆるママ
練習のお陰でなんとかべっ甲に見えるぐらいのクオリティーになって、一時期べっ甲ネイルばっかりやってたよ。

ゆるパンダ
べっ甲ネイルが1本でもあると、華やかになるしプロっぽい感じになるものねぇ。

クリスマスネイルその2

このネイルもクリスマス風にデザインしています。だけど、スワロフスキーのデザイン以外はプロにしてもらいました。爪の形もスクエアオフに、綺麗に整えてもらってます。

クリスマスツリーネイル

もともとは、レッドとパールホワイトの斜めフレンチで、ラメがひいてあるだけのデザインだったのですが、家に帰ってからなんか寂しいなと思い、自分でスワロフスキーをクリスマスツリー風に載せて、デザインをつけ足しました。

ゆるママ
プロの仕上がりって綺麗~それに長持ちするんだよね~。

ゆるパンダ
ジェルが均一に塗られてるし、仕上がりの艶が全然違うよね!さすがプロだわ。

今回はクリスマスジェルネイルを紹介しました。また次のネイルデザインもお楽しみに!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事