バーナム導入書グループ1弾き方とコツ

現在、ヤマハ大人のピアノ教室に月に2回通っており、

レッスンでは、『バーナムピアノテクニックの導入書』を取り入れてもらって、毎回少しづつ教えてもらい、楽譜通りに弾くための基礎テクニックを上げる練習をしています。

ゆるママ
今回は、ヤマハ大人のピアノ教室で教えてもらった『バーナムピアノテクニック導入書グループ1(①~⑫)』の弾き方を、紹介していきます。

バーナムの導入書の弾き方

バーナムは、基礎やテクニックを練習するのにとてもよいテキストで、実際オンピーノでピアノを習ってる3歳の娘もバーナムのミニブックを使って練習しています。

バーナムピアノテクニックの曲はひとつひとつ短くて、一見すると簡単そうに見えるのですが、曲それぞれに目的と弾き方のコツがあります。

ゆるママ
普段からバーナムをしっかりと練習しておくことで、実際に曲を弾く際に、瞬時に指が対応出来るようになるのです。

ヤマハの先生に教えてもらったポイント、特に難しい部分やコツが必要な部分などを備忘録としてまとめました。良かったら参考にしてください。

導入書グループ1のコツ

①歩こう

一音一音しっかりと、ゆっくり弾きます。棒人形が歩いている挿絵が書かれていますが、てくてく歩いているかのごとく、指一本一本同じ力加減で弾く事と、音の大きさを揃えることを意識しましょう。

②走ろう

『①の歩こう』よりも、スピードが2倍になります。八分音符なので四分音符の二分の一の長さですね。左手が動きづらく弾きにくいのと、指の形が崩れない様に早く弾くのは案外難しいです。

全部の指が鍵盤から離れないようにしながら、一本一本指を独立させながら音を鳴らさないといけない部分がなかなか上手くいきませんでした。

指はそれぞれが繋がっているので、一つの指を動かすと、一緒に付いてくる指が必ずります。指を1本づつ独立させ、動かせるようになることがピアノ上達には不可欠なのだそうです。バーナム導入書『走ろう』

③スキップしよう

③のスキップしようは、先生のアドバイスが特になく、さらっと進んだのであまりコツはいらないのかな??個人的には、左右の指がバラバラにならない様に気を付けるといいかなと思いました。バーナム導入書グループ1『3スキップしよう』

④ジャンプしよう

④は、スタッカートの練習です。スタッカートは短く強く弾けばそれでいいもんだ、とばかり思っていましたが全く違ってて、4分音符を半分にするイメージで軽やかに弾くのがポイントだそうです。

④のジャンプしようではその題名のごとく、手首のスナップを効かせてボールを弾ませるように、ジャンプするように軽やかな感じをイメージして手首のスナップを少し加えると良いと教えてもらいました。

とにかく、力を入れずに軽やかに弾くことが重要です。逆に力を入れすぎてしまうと音が汚くなってしまいますので注意しましょう。バーナム導入書グループ1『4ジャンプしよう』

⑤両足ひらこう

最後の4小節目は、あらかじめ指と指の間をおおきく広げて準備しておくことがポイントです。手が大きくなくても指が広がればオクターブが楽に届くので普段からストレッチなどして広げておくとよいそうです。バーナム導入書グループ1『5両足ひらこう』

⑥深呼吸

ドミソの和音の所バラバラにならないようにと、それぞれの音が均等の音量になるように同じ力加減で弾くよう気を付けましょう。最後の8小節目の右手・左手の小指で弾くドはしっかりと弾きましょう。バーナム導入書グループ1『6深呼吸』

⑦側転運動

手をクロスさせる動作が出てきます。点線でつながっている3小節目のドの音は左手で弾くので右手と左手は交差します。4小節目は右手で弾きます。バーナム導入書グループ1『7側転運動』

⑧屈伸(のびちぢみ)

ここもさくっと進んで、書き込みもポイントも特にない感じでした。私は指があまり開かないので、ヘ音記号のオクターブが少ししんどかったかな。バーナム導入書グループ1『8屈伸(のびちぢみ)』

⑨右足で片足とび

またスタッカートが出てきました。力を抜いて軽く弾きますが、鍵盤を抑えるのが浅すぎると音が鳴りませんので、絶妙な押し加減が必要です。指はあまり鍵盤から離れすぎないようにするのがポイントです。バーナム導入書グループ1『9右足で片足とび』

⑩左足で片足とびも

⑨とコツは同じですが、右手のスタッカートよりも難しく感じました。手首をガチガチに固めてしまわない様に気を付けましょう。バーナム導入書グループ1『11左足で片足とび』

⑪さかだちの練習

指くぐりの練習です。ピアノ楽譜のありとあらゆる場面で出てくる指くぐは、親指をくぐらせるときに、ひじを動かさず、親指の根元部分から動かすイメージで。

フェルマータという音楽記号が出てきますが、『程よく伸ばす』という意味だそうで、音符の2倍伸ばすぐらいを目安にして下さいとのことでした。なので、ここでは8拍ぐらいですね。バーナム導入書グループ1『11さかだちの練習』

⑫元気いっぱい さあひこう

ようやくグループ1の最後、⑫までやってきました。全部で4つある各グループの最後⑫は、それぞれ曲っぽい感じになっています。バーナム導入書グループ1『12元気いっぱい さあひこう』

ピアノを上手に弾くポイントまとめ

ヤマハ先生ににちゃんと教えてもらうと、改めてバーナムって奥深いなぁと感じました。家で自己流で適当に弾いていたのとは全然違います。

ピアノの音の質がもっと向上するように、姿勢や指の形なども先生に指導してもらいましたので、最後にまとめておきます。

・指の形に注意、カタチを丸く
・第一関節に力を入れで弾く
・手首は上下しないで脱力する
・肩に力を入れないこと

ゆるパンダ
ピアノは脱力が大事なんだってー!腕や肩に力が入ると上手く弾けないよ。腕をブラーと下げた状態の時の、肩の脱力感を覚えておくと良いよ~。

ゆるママ
まだまだ簡単な曲しか弾けませんが、バーナムピアノテクニックで学んだ技術を好きな課題曲に生かせるように頑張りたいと思います。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事